賃金の諸問題解決のために

 御社の実態把握のために、社労士事務所マンパワーマネジメントでは賃金制度診断(現状分析)をおすすめいたします。

<賃金制度診断(現状分析)に必要な書類>
・就業規則〔写〕
・賃金規程〔写〕
・賞与規程〔写〕
・退職金規程〔写〕
・各種賃金表〔写〕
・人事考課規程〔写〕
・人事考課表等規程附属書類〔写〕
・社内組織図および指揮命令系統図〔写〕
・社内の役職位およびその上下関係、役職別の定義(役割)がわかる資料
・診断対象従業員名簿(氏名、年齢、最終学歴(学校名は不要)、入社日)のエクセルファイルデータ
・診断対象従業員別の直近給与支給額・賞与支給額(直近1年間)のエクセルファイルデータ
※上記のうち、ないものは省略可能です。


<賃金制度診断(現状分析)の報告内容>
@各種賃金プロット図(分布図)
A各種統計データと賃金データ比較グラフ
B各種統計賃金データ
C生計費データ
D年齢別ヒストグラム
E勤続年数別ヒストグラム
F各種賃金プロット図(分布図)の分析診断
G現状賃金体系の問題点分析診断
H新たな賃金制度の提案
Iその他


<賃金制度診断(現状分析)費用>
基本料金50,000円+対象従業員数×500円(消費税別) から診断内容により承ります。
※訪問にかかる費用は距離、交通手段、移動時間により別途頂戴いたします。
※制度再設計のコンサルティングは別料金となります。

 
ひらめき賃金制度診断(現状分析)のお申込みはこちらひらめき


◆賃金プロット図(基本給・所定内賃金)の作成・分析のみご希望の場合は、無料(ご相談報酬のみ)にて承ります。問い合わせフォームからお申し込みください。


 


 次に、賃金制度診断(現状分析)で明らかになった問題解決のために、賃金制度コンサルティングをおすすめいたします。

<賃金制度コンサルティングの流れ>
(1)新賃金制度基本方針の決定
(2)新等級制度基本方針の決定
(3)新等級フレームの決定
(4)従業員の新等級格付けの.実施
(5)新基本給表の設計
(6)新諸手当の設計
(7)モデル賃金表の作成
(8)賞与算定方式の設計
(9)新賃金制度への移行策(経過措置を含む)決定
(10)旧賃金規程の廃止新賃金規程の作成
(11)新賃金制度の社内説明と労使合意の形成
(12)新賃金制度の導入と新賃金規程の労働基準監督署への届出


<賃金制度コンサルティング費用>
 個別にお見積もりいたしますので一度御相談ください。


 さらに、この機会に退職金制度の見直しもご希望の場合は、退職金制度コンサルティングをおすすめいたします。